"



超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?

誰でも幸せに生きる方法のヒントだ

もっと力を抜いて楽になるんだ。

苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ。

この世は空しいモンだ、

痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ。

この世は変わり行くモンだ。

苦を楽に変える事だって出来る。

汚れることもありゃ背負い込む事だってある

だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ。

この世がどれだけいい加減か分ったか?

苦しみとか病とか、そんなモンにこだわるなよ。

見えてるものにこだわるな。

聞こえるものにしがみつくな。

味や香りなんて人それぞれだろ?

何のアテにもなりゃしない。

揺らぐ心にこだわっちゃダメさ。

それが『無』ってやつさ。

生きてりゃ色々あるさ。

辛いモノを見ないようにするのは難しい。

でも、そんなもんその場に置いていけよ。

先の事は誰にも見えねぇ。

無理して照らそうとしなくていいのさ。

見えない事を愉しめばいいだろ。

それが生きてる実感ってヤツなんだよ。

正しく生きるのは確かに難しいかもな。

でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ。

菩薩として生きるコツがあるんだ、苦しんで生きる必要なんてねえよ。

愉しんで生きる菩薩になれよ。

全く恐れを知らなくなったらロクな事にならねえけどな

適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ。

勘違いするなよ。

非情になれって言ってるんじゃねえ。

夢や空想や慈悲の心を忘れるな、

それができりゃ涅槃はどこにだってある。

生き方は何も変わらねえ、ただ受け止め方が変わるのさ。

心の余裕を持てば誰でもブッダになれるんだぜ。

 

 

この般若を覚えとけ。短い言葉だ。

意味なんて知らなくていい、細けぇことはいいんだよ。

苦しみが小さくなったらそれで上等だろ。

嘘もデタラメも全て認めちまえば苦しみは無くなる、そういうモンなのさ。

今までの前置きは全部忘れても良いぜ。

でも、これだけは覚えとけ。

気が向いたら呟いてみろ。

心の中で唱えるだけでもいいんだぜ。

いいか、耳かっぽじってよく聞けよ?

『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを越えたものなり。』

『悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する。』

心配すんな。大丈夫だ。

"

「般若心経 新訳」の衝撃 | PBR | Qetic Blog (via 3tristes3tigres)

(via edieelee)

(Source: unreadableforyou, via kikuzu)

imgfave:

Posted by allfunnypic

imgfave:

Posted by allfunnypic

(via aotora)

bunchobox:

たまにはインコ話。ぴーちゃんの思い出1

bunchobox:

たまにはインコ話。ぴーちゃんの思い出1

(via himmelkei)

bunchobox:

我が家のシニア文鳥さんとの 意思疎通方法のひとつ。止まり木カシカシは 文鳥さんにやられたときにお返しでやってあげると 習慣になりやすいみたいでした。意志が通じた時の文鳥さんはなんともしあわせそうな顔をします

bunchobox:

我が家のシニア文鳥さんとの 意思疎通方法のひとつ。
止まり木カシカシは 文鳥さんにやられたときに
お返しでやってあげると 習慣になりやすいみたいでした。

意志が通じた時の文鳥さんは
なんともしあわせそうな顔をします

(via shusdiner)

thesalondiary:

THE SALON facebook

”美しい人:節子・クロソフスカ=ド=ローラ”

ミラノコレクションでごったがえす深夜のホテルのラウンジ。

そこに現れた着物姿の小柄な女性。彼女が歩くと、まるで海をわけるかのように人々が彼女のために道を開けます。

その凛とした美しさにモデルたちも彼女に敬意を払います。

節子・クロソフスカ=ド=ローラ伯爵夫人(Setsuko Klossowska de Rola)。

画家であり随筆家、ユネスコ平和アーティストであり、バルテュス財団の名誉会長を努めるこの女性。

「20世紀最後の巨匠」と言われる画家バルテュスの最愛の人。

日本の心を愛し、バルテュス氏を心身ともに支え続けた女性。

”私はバルテュスに誘拐されたようなものです”

そう語る節子さんが、バルテュス氏に出会ったのは20歳の時。

”節子を一目見たとき、私が憧れていた日本の形がその姿のうちに秘められているのがわかった(バルテュス氏)”

出会って5年後、二人は結婚。

結婚後は、バルテュス氏が館長を努めるアカデミー・ド・フランスのあるローマで15年暮らし、

その後、現在のお住まいであるスイスのグラン・シャレ(スイス最大の木造建築物です)

節子さんは、バルテュス氏の強い希望があり常に着物で過ごし、彼自身も着物を愛用していたそうです。

お二人で着物姿の写真があるのですが、とてもお似合いで、全く違和感がありません。

節子さんが画を始めたのは、バルテュス氏の存在があったからこそ。

”私はバルテュスという人間と、彼が作る作品を愛しました。美しい作品を生むためには何でも受け入れることができる、

という気持ちがあったことが、長く続く基盤になったのです。”

25歳で嫁ぎ、長年ヨーロッパで暮らしてきた節子さん。

その中で、いつも優雅に美しく日本の文化を大切にしてきました。

そんな彼女の生み出す作品も、美しく女性的であり知性に溢れています。

今年の4月から、ご自身の展示会とバルテュスの大回顧展が日本でも開催されるので、

ぜひこの機会に訪れてみたいです。

WWW.THESALON.JP

THE SALON facebook

(via nemoi)

"昔から「ちゃんと」や「きちんと」を多用する人物を、あまり信用するべきではないと思っていた。広告の講義ではこれらの言葉を使わないようにと教えてきたし、自分の仕事においては禁句である"

『伝える本。』山本高史・著 vol.2037│「ビジネスブックマラソン」バックナンバーズ (via nakano) (via applearts) (via nxaxmxa)

味の素は・・・。

(via yellowblog)

(via toukubo) (via rosarosa-over100notes) (via gkojax) (via dannnao) (via deli-hell-me) (via nobby0-0) (via sierra7)

doglight:

Quite wide
One of the funny photos from the photo-shoot with this boxer. This particular “lady” did not like so much the view of my lens…

doglight:

Quite wide

One of the funny photos from the photo-shoot with this boxer. This particular “lady” did not like so much the view of my lens…

(via handsomedogs)

invoke:

やーだー!!

invoke:

やーだー!!

(via maido3)

jo-lmi——-omj:

ohana’s town

jo-lmi——-omj:

ohana’s town

"掟:そういえばロッキンオンっていうクソ雑誌があるんですけど、あいつら広告費でページを買わせるくせに原稿の直しには一切応じないんですよ。以前ロマンポルシェ。でインタビューを受けたんですが、取材に来たのが学生あがりみたいなアンちゃんで話全然理解出来てないし、写真撮影は使い捨てに毛が生えた程度のカメラでやってるしで、あきらかにナメられて。どんな記事になるのかすごく心配だったので、ゲラ(※ 入校前の原稿のこと)がどうなったか当時のマネージャーが編集部に電話したんです。そしたら「うちはゲラチェックとか基本的にやってないんで」、「うちは尾崎がゲラチェックさせろって時もさせませんでしたから」って、平然と言われたらしくて。いやいやいや、お前ら今、尾崎豊が俺達よりも遥かに上の人みたいに言ってるけど、俺は尾崎より自分を下だと思ったことはないし、第一そんなもん理由になんねえから。ふざけた会社だなと。それ以来、ロッキンオンの印象と共に、尾崎豊の印象も悪くなったんです。その時の怒りがすべて尾崎豊に行っちゃったんですね。尾崎ファンの皆さんすいません。これはすべてロッキンオンが悪い!"

web Rooftop: ロマンポルシェ。(‘10年4月号) (via mochidhel) (via g2slp) (via mnknst) (via hyperf) (via toshiharu) (via tsupo) (via ginzuna) (via sasorivader) (via superlog) (via error888) (via ohmomo) (via katoyuu) (via okadadada) (via nemoi)

nemoi:

iza89:

suzukichiyo:

kml:

nwashy:

gkojax:

rosarosa:

ai6:

novelty:

美智子さま